2017年1月4日水曜日

デスコ

古いテープが回りだしたら

ノイズ入りの音楽が流れて

心の奥に刻んだステップと

忘れた青春が目を覚ますよ


あの夜のきみは美しかった

僕の目配せになぜと囁いて

細い肩を胸に抱いて踊れば

ふたりは炎みたいに輝いた


今夜は一人ぼっちだけれど

きみの青い瞳と甘い吐息に

もういちど逢えるだろうか


好きだったデスコに来ても

可愛い笑顔の消えた舞台で

ファンキー坊やは踊らない



0 件のコメント:

コメントを投稿