2017年3月3日金曜日

狐面

緋色の襦袢に袖を通す恋人は

お狐さんになりましょうよと

白い狐面で微笑みを隠します

いつもはかない夜の向こうは

まばゆい月が浮かんだ桃の園

ゆらりゆらゆら春風が吹けば

濡れている髪を小指に絡めて

恥じらうように花びらになる

血の色の瞳の狐に化けたまま

死ぬほど抱いて抱き締めれば

三角耳の影は細い腕を曲げて

すきとおる声で夜空に鳴いた


0 件のコメント:

コメントを投稿